FC2ブログ

Deus Ex: Invisible War - Walkthrough 5

 Club VOX

シアトル上層区の上階南西の角にあるナイトクラブです。中に入るには入場料として100クレジットが必要になります。一度払ってしまえば後は何度でも自由に出入り可能です。

なお、この時点でセーブデータのロードが出来なくなってしまったので(ロード画面で暗転したまま固まる)ユーザーメイドの非公式パッチをを導入しました。

Visible Upgrade: Unofficial patch for Deus Ex 2
https://www.ttlg.com/forums/showthread.php?t=147423

deus_ex2_walkthrough_10.jpg

受付: ようこそクラブVOXへ。当店では最新のNG Resonanceシムや、最高の音楽、更に個人的な商取引に最適なVIPクラブも用意しています。メインクラブへの入場料はこちらでお支払い下さい。(100)
Alex D: このクラブの何がそんなに特別なんだ?
受付: 一般的な出し物の他に、2階には最新のNGシムがあります。当店のオーナーも大抵その辺りにいて店内を監視しています。もしあなたがプライバシーが必要なら、VIPクラブについて彼に尋ねてみて下さい。入り口を入ってすぐ右手に2階への階段があります。

受付の女性にこのクラブについて尋ねると2つのサブクエストが発生。

【サブクエスト】Meet Club Vox Owner
VIPクラブについてVOXのオーナーと話す

【サブクエスト】Talk to Sim
VOXに設置されているNGシムを調べる

店内に入って1階のバーカウンター前にシアトル文化省長官(Minister of Culture)がいるので話し掛けます。
deus_ex2_walkthrough_11.jpg

Minister Of Culture: 君は随分と遠慮の無い若者だな?
Alex D: どういう意味です?
Minister Of Culture: 君が向こうから私を見ていたのを知っている、そしてすぐにここへ歩いて来た。私がこの土地で文化省長官に就いて以来、ほとんどの人は私に対してある種の冷ややかな敬意を持って接するんだ。
Alex D: 俺はシアトルに来て日が浅いんです。あなたが誰かも知りませんでした。
Minister Of Culture: ああ、そういう事か。それなら納得だ。私は毎晩ここで何杯も飲んでから誰もいないペントハウスに帰るんだ。
Alex D: そうなんですか、でも誰か相手を探しているなら…
Minister Of Culture: しっ!しっ!老人に楽しい考えをさせてくれ。私を手伝う気は無いか?
Alex D: 何でしょう?
Minister Of Culture: テーブルの向こうにいる紳士に、私のペントハウスでシェリー酒を交わしながら彼の彫刻について語らないかと伝えて欲しいんだ。
Alex D: 何故ご自分で話さないんです?
Minister Of Culture: 分からない…ただ私は趣味と仕事を一緒にしようとしてもすぐに固まってしまうんだよ。

【サブクエスト】Culture Minister: Talk to Man

同じフロアにいる芸術家(Lionel)を自室に誘って欲しいと頼まれます。
Alex D: やあ。
Lionel: ああ、君か。
Alex D: そこのバーにいるシアトル文化省長官が、あなたを彼のペントハウスに招いて彫刻の話をしたがっていると伝えに来たんだ。
Lionel: おお、彼については良く知っている…そして彼のビジネスの趣向についてもね。私も彼の注意を引こうとしていたんだ。1時間後ぐらいにペントハウスに行くと彼に伝えてくれないか。
Alex D: いいよ。
Lionel: 君は彼の新しい寝室係なのかい?
Alex D: あー…いや、違うよ。
Lionel: ふーむ、残念だ。

【サブクエスト】Culture Minister: Notify

Lionelの了承を得た事を文化省長官に伝えます。
Minister Of Culture: 彼は何と言っていた?
Alex D: 1時間後にペントハウスに行くそうです。彼は俺があなたの寝室係じゃないのを残念がってました。
Minister Of Culture: 寝室係になりたいのか?
Alex D: 面白いですね。いや、あなたは俺に対してはシャイに見えないって事です。
Minister Of Culture: 真面目な話だよ。裏口の鍵を渡してもいい。我々が到着するまでにドリンクとオードブルを用意しておいて欲しいのでね。
Alex D: 遠慮しておきます。

これでこのクエストは完了です。ここで寝室係になるのを承諾すればペントハウスのキーを手に入れられますが、もうすでに侵入して用事も済ませた後なので断りました。なお、主人公の性別が女性の場合はこのイベントは発生せず、代わりにLionelから何らかの依頼を受けられるみたいです。

2階の通路を歩いていると、このクラブのオーナーから話し掛けられます。
deus_ex2_walkthrough_12.jpg

Club Owner: ご満足いただけていますか、お若い方?私はここのオーナーです。
Alex D: ただ見て回ってるだけです。
Club Owner: 踏み入った事をお聞きしますが、あなたは強化人間ですよね?いとこがクリニックを経営していたので分かります。
Alex D: 何故そんな事を知りたがる?
Club Owner: ちょっとしたセキュリティ上の理由です。信頼に値する保護を見つけるのに苦労しました。VIPクラブのメンバーの一人がEmerald Suitesに住んでいる弁護士によって追い込まれています。
Alex D: 弁護士はそのメンバーが何をしたと言っているんです?
Club Owner: 容疑自体は全くのでっち上げです-それは問題ではありません。その弁護士の名はKevin O'Rourkeです。彼は2226号室に住んでいます。率直に言うと、私は彼に死んで欲しいのです。
Alex D: この地区の市民の一人を殺してくれと言うのか?
Club Owner: 彼のボディガードに「David Kurczecという名の武器密売人からSMGの配達を頼まれて来た」と告げるといいでしょう。それで部屋に入れてもらえるはずです。もしやってくれるなら十分な報酬(300クレジット)と、VIPメンバーシップを差し上げます。今話した事をそのまま実行してくれれば良いだけです。ただし、もしO'Rourke側に寝返った場合はSpace-Needle展望台からシアトル下層区への真っ逆さまの長旅が待っているでしょう。クラブVOXへの来店を心より感謝いたします。

【サブクエスト】Bounty on Lawyer: Assassination
クラブVOXのオーナーからKevin O'Rourkeという名の弁護士を暗殺するように頼まれた。彼はEmerald Suitesの2226号室に住んでいる。報酬は300クレジットとVIPラウンジへのアクセス権だ

Emerald Suitesの2226号室にいる弁護士を暗殺するよう頼まれます。とりあえずVIPエリアに入りたいので依頼をこなす事にします。Emerald Suitesへ行って弁護士を殺害後、戻ってオーナーに報告すればクエスト完了。
Alex D: Kevin O'Rourkeの件を片付けたよ。もう彼があんたの客を悩ませる事は無い。
Club Owner: 素晴らしい。これが約束のお金です。君が入口から入ってきた時から君こそ適任だと感じていたんだ。
Alex D: VIPのメンバーシップについてはどうなる?
Club Owner: いくつかの規則を守ることに同意して頂きます。一つはメンバーである事を秘密にしておく事。他のメンバーの名前を誰にも明かしてはならない。よろしいですか?
Alex D: 分かった。
Club Owner: 二つ目、VIPラウンジに留まっている事。クラブのオフィスには立ち入らないように。
Alex D: 了解だ。
Club Owner: オーケー、VIPラウンジへの階段のセキュリティドアは1階にあります。キーコードは11413です。規則を守って楽しんで下さい。

オーナーのいる通路を先に進むとAIのホログラム「NG Resonance」と話す事が出来ます。NG Resonanceはこの世界で現在も活動中の人気歌手で、彼女をモデルにして造られたAIが世界中の至る所に設置されています。NG Resonanceには何度か話し掛けられるんだけど、そのうちの一つでサブクエストが発生します。
deus_ex2_walkthrough_13.jpg

NG Resonance: ハーイ、NG Resonanceよ。何を話したいの?
Alex D: 君はこのクラブにいる人全員を知ってそうだな。
NG Resonance: あなたについて話しましょうよ。
Alex D: Bud Puckettについて教えてくれないか。
NG Resonance: 彼の事は好きよ。私の大ファンの一人なの。
Alex D: ここには用心棒が何人もいる。本当に必要なのか?
NG Resonance: どんな場所にもルールが必要よ。
Alex D: だけど…ナイトクラブに武装した警備が?
NG Resonance: 犯罪に対する保護が無ければどんなビジネスも成功しないわ。

NG Resonance: ハーイ、NG Resonanceよ。何を話したいの?
Alex D: バーにいるWTO警備員について何か知らないか?
NG Resonance: Collapseの後、経済的に立ち直るためには商業地区の防衛が重要だったの。
Alex D: 思うに君はOrderの門下ではないみたいだな。
NG Resonance: 私はHer Holinessと同じくらい自然を愛しているわ。自然は築き上げ、生み出してくれる。Orderは誠実かもしれないけど、勝つために広報活動による戦いをしているの。

NG Resonance: ハーイ、NG Resonanceよ。何を話したいの?
Alex D: VIPエリアについて教えてくれないか?あそこで何が行われている?
NG Resonance: WTOセキュリティも同じことを知りたがってる。でも彼らは踏み込み捜査する為の証拠を持っていないの。
Alex D: 君は警察業務の酷さを知っているだろう。
NG Resonance: あなたが言ったように私はここの皆と話をしている。あそこで何が行われているか分かったら私に教えて欲しいの。

【サブクエスト】NG Resonance: Find Information

VIPエリアで何が行われているのか調べて欲しいと頼まれます。
ここでは既にオーナーからVIPのアクセス権(キーコード)を貰っているので普通に中に入ります。VIPエリアに入るとOmarの商人がいるので、一通り話した後(会話内容は後述)にNG Resonanceに報告に戻ります。
NG Resonance: ハーイ、NG Resonanceよ。何を話したいの?

1.VIPエリアを調べて来た。あそこはOmarの商人と接触するための場、つまり闇市場のようだ…
2.VIPエリアを調べて来た。特に何も無かった。上品な客が沢山居ただけだ。

(1を選択)

NG Resonance: ありがとう。当局に通報されるでしょう。
Alex D: 報酬は貰えるのか?
NG Resonance: もちろん。情報料を振り込んでおくわ。ねえ…私が歌っているのを見に来てよ。あなたを無料で見られるようにしておくわ…国内外問わずNG Resonanceのショーならどこでも有効よ。

NG Resonanceの依頼はこれで完了です。

VIPエリアにはOmarという組織の商人がいます。
OmarはCollapseの後の厳しい世界を生き抜くためにロシアで生まれた組織で、テクノロジーによって人間の限界を超越するという考えのもとに人体の大規模なサイボーグ化を推し進めています。WTOやOrderのような表立った勢力ではなくカルト集団という立ち位置で、このOmarの商人からは貴重な「Black Market Biomod」や武器MODなどを購入する事が出来ます。
deus_ex2_walkthrough_14.jpg

Omar Trader: 私のビジネスパートナーの件で君がしてくれた事に感謝している。ミスターO'Roukeは我々にとって危険な存在だったのだ。
Alex D: どういたしまして。
Omar Trader: その報酬として君は我々のマーケットを利用出来るようになる。
Alex D: シアトル上層区で活動するというのはOmarにとってかなりのリスクを伴っているんじゃないか。
Omar Trader: WTOの勢力圏内にOmarの存在が無ければブラックマーケットは国際的な活動が出来なくなってしまう。では取り引きするかい?
Alex D: ああ。
Omar Trader: 君にとって我々の商品は大いに役立つだろう。今すぐ取引する事も出来るし、Omarに対して更に貢献してくれれば追加の値引きを得る事も出来る。
Alex D: 聞かせてくれ。
Omar Trader: 盗みの依頼だ。この施設の地下階にある死体が隠されている。見た事の無いミュータントで、オーナーはそれをバイオテック企業に売ろうと考えている。我々はそのミュータントの細胞組織に興味がある。それは放射能や極端な気温に対して高い抵抗力を持っているのだ。
Alex D: 死体を盗み出せというのか…ナイトクラブから?
Omar Trader: 組織のスキャンを頼みたい。その生物的特質はOmarの適応力を改善するのに使えるはずだ。それとも今すぐ取引するかい?
Alex D: 何を売っているんだ?
Omar Trader: 銃のサイレンサー、どんな口径の銃身にも適用出来る。そしてブラックマーケットバイオモッドキャニスターはPiezochem製には無い能力を有効にする。更にSMGマシンガンもある。一般の顧客はそれぞれフルプライスの支払いが必要だ。
Alex D: また後で。
Omar Trader: いいだろう。

【サブクエスト】Biometrics: Upload to Omar

Omarの商人から、地下室に侵入してミュータントの死体をスキャンしてくれれば取扱商品を値引きすると持ち掛けられます。

この依頼に向かう前に、先にWTOエアターミナルでCivic Managerから依頼された「VOXの貸借対照表を手に入れる」という任務(VOX Finances: Investigate)をこなしておきます。目的の書類は2階の立ち入り禁止エリアにあるので、どこかから侵入して(2階ダンスフロア脇の扉を解錠、天井裏のダクトからなど)オフィスの壁の金庫に保管されているデータキューブを読めば任務完了です。また、この部屋には地下室の扉のソフトキーがあるのでこれも手に入れておきます。
deus_ex2_walkthrough_15.jpg

Donna Morgan: 良くやったわ。この地域のCivic Managerが脱税の証拠として興味を示していた財務データを手に入れたわね。WTOエアターミナルで彼にその情報を報告すれば、彼は喜んであなたにボーナスを支払うはずよ。

あとはWTOエアターミナルに戻ってCivic Managerに報告するだけです。
Alex D: クラブの記録を盗み読みして来ました。
Civic Manager: 本当か?あの悪党は何を企んでいた?何か令状を得られるだけの証拠を渡せば君にボーナスを支払おう。
Alex D: これが見つけたデータです。これによるとオーナーは未申告の収入がいくつかあるみたいですね。
Civic Manager: 思った通りだ!あの男は私を見くびっていたようだな。明日にはQueeQuegのゴミ箱にたかるネズミを食べる事になるだろう…私の宣言通りに!これが君への報酬だ。

次は先程のOmarトレーダーからの依頼をこなすために地下室へと向かいます。地下室の扉のロックは2階のオフィスにあるソフトキーを手に入れていれば開けられます。地下室に降りて謎の生命体(グレイ)が保管されているボックスを調べるとOmarトレーダーから通信が入ります。
deus_ex2_walkthrough_16.jpg

Omar Trader: 良くやった。シアトルにいる我々のエージェントとの全ての取引において値引きを受けられるようにしよう。Omarの商人はClub VOXのVIPラウンジとシアトル下層区の路上で見つかるだろう。

Omarトレーダーの元に戻って報酬を受け取ります。
Omar Trader: 君が地下室で見つけた遺伝子組み換え用の組織のスキャンは、Omarの生存性向上において既に改良点を生み出している。
Alex D: お役に立てて光栄だ。
Omar Trader: Omarによる改良はやがて地球上のどんな気候や有害物質、そしてその他の環境からも守ってくれるようになるだろう。君は優良顧客として認められる事になった。50パーセントの値引きが適用される。
Alex D: 随分気前がいいな。Omarの目的は何なんだ?宇宙の探索か?あの地下室の生物は何だったんだ?
Omar Trader: Omarという組織は急激な環境変化に対する進化した組織再生の一つの解答なのだ。戦争や自己複製型の災害によって破壊された惑星での生存問題の解決において、我々は様々な問題を解決済みだ。君が調べて来たあの生物はこれらの問題を解決するための同様の試みだったのだ。
Alex D: 誰が造ったんだ?
Omar Trader: 今は亡きVersaLifeという名の企業だ。OmarはCollapseの後に破棄されたVersaLifeの研究所から多くを学んだのだ。では取り引きに移ろうか?
Alex D: 報酬は値引きだけなのか?
Omar Trader: いいだろう。その他にブラックマーケットキャニスターを一つ君に差し上げよう。
Alex D: どうも。

これでこのクラブVOXでやるべき事は一通り完了になります。
次はメインクエストの目標である「ヘリのパイロットを雇う」という任務をこなすためにシアトル下層区へと向かいます。
 
関連記事
スポンサーサイト

Deus Ex: Invisible War - Walkthrough 4

 Emerald Suites

Emerald Suitesに入るとWTOのセキュリティ主任であるDonna Morganから通信が入ります。
deusex_inv_walkthrough_19.jpg

Donna Morgan: こちらWTOのセキュリティ主任Donna Morgan。あなたはエアターミナルに報告に来るようにと言われていたはずです。まあいいでしょう、でも一つやって貰う事が有るわ。文化省の長官(Minister of Culture)がこの建物のペントハウスに住んでいて、彼はWTOの輸出入規定を破って品物の密輸を行っているようなの。彼の部屋を調べて密輸品を隠している保管庫を探すのよ。

【メインクエスト】Culture Minister: Investigate
(WTOクエスト)Emerald Suitesにある文化省長官のペントハウスを調査して、密輸した禁制品を隠している保管庫を探す

ペントハウス(最上階)に行くにはロビーにいる管理人からペントハウスのキーコードを購入するか、またはエレベーターシャフトからダクトを通り抜けて行く事が出来ます。ペントハウスのキーコードは別のサブクエストで本人から直接入手する事も可能です。
ペントハウスの中は各種セキュリティがセットされているので、それらに対処しながら2階の奥にある隠し保管庫へ向かいます。保管庫のキーコードは1階バーカウンターのワインの裏に置いてあります(または近くのセキュリティコンピュータをハックする)。保管庫に入って中にあるデータキューブを読んだらDonna Morganから通信が入ってこの任務は完了です。
出荷確認

Finleyへ
これらの品はNassif宛てだ。いつも通りにな。Mako社のBiolab研究員が取引のブツを用意するまで待つんだ。今回は部外者の立ち入りは無しで、これらの品を君の金庫室に保管しておいてくれ。これがうまく行けば真の目的物「Mag Rail」に近付く事になる。Mako社はTemplarsから大口注文を受けているとNassifの連中から聞いている。出だしは順調、ただ余計な事だけはしないでくれよ。もし君が不要なリスクを負い続けるなら別のエージェントを探す事になる。

幸運を。
David K.

deus_ex2_walkthrough_6.jpg

Donna Morgan: どうやらこの取引にはTarsusの人間が関わっているみたいね。彼らがなぜMako Balisticsに品物を送っていたのか、そしてなぜKnights TemplarからMag Railという武器の注文を受けていたのか気になるわね。とにかくエアターミナルに来て。色々と話さねばならない事が有るの。

【メインクエスト】Get WTO Debriefing
(WTOクエスト)文化省長官(Minister of Culture)のペントハウスで得た情報について、WTOエアターミナルにいるセキュリティ主任のDonna Morganに報告する

次はBillieから教えて貰ったLeila Nassifの部屋(2224号室)に向かいます。入口のロックは見つからないようにマルチツールで解除するか、こちらのキーコードも管理人にお金を払って購入する事が出来ます。
部屋に入るとホロコムユニットからBillieの通信が入ります。
deusex_inv_walkthrough_20.jpg

Billie Adams: 中に入ったわね。じゃあ部屋の中を探すのよ。どこかにデータキューブか何かがあるはず…
Alex D: 一体どういう事なんだ?
Billie Adams: 私はあのプログラムの腐敗の証拠をもっとあなたに見て貰いたいの。私達は彼らの訓練生なんかじゃなかった…ただのモルモットだったのよ。だから私はOrderに入ったの。
Alex D: じゃあ君は本気なんだな…Tarsusでの働きを全て捨て去って教会に入信したと。彼らが信用出来るなんてどうして分かる?俺達のアパートを襲って危険に晒した奴らだぞ。
Billie Adams: 彼らの高位オウガーのLin May Chenと話したわ。あの襲撃に関しては手違いがあったみたい、それでも本来の任務は達成しているわ。彼らは実際に裏で何が行われていたのかを私達に見せて、そして私達を解放したの。私はそれに感謝しているし、あなたもそうであるべきよ。
Alex D: 感謝だって?手違い?彼らは俺たち向けて銃撃したんだぞ!
Billie Adams: どんな手違いがあったか詳しくは分からないけど、Orderには強硬手段を好むいくつかの過激派グループがいるのよ。そういった人達がOrder全体を現わしている訳では無いわ。
Alex D: 俺たちは13歳からずっとあのプログラムにいたんだ。何でそんなすぐに捨て去る事が出来るんだ?Orderから何か貰ったのか?
Billie Adams: 彼らは私達が真の秩序とバランスを見出す事を本気で望んでいるのよ。それは私達が秘密実験の被験体では無くなった時にだけ実現可能なの。
Alex D: Tarsusは俺達に多くの物を与えてくれた。彼らにも釈明の機会を与えるべきだろう。
Billie Adams: 騙されちゃだめよ。さあNassif博士の部屋を調べて。それからシアトル下層区のハートフォードタービンにあるOrderの本拠地に向かうの。それで全てはっきりするわ。

Nassif博士のデスクの上にあるデータキューブを読んだらBillieから通信が入ってクエスト完了。
次の出荷に関して

引き続き君達の取引と輸送の単純化を進めるつもりだ。また、シカゴの件があった後だし、新しい配達物はもう少しの間保管庫に隠しておいた方が良いだろう。ところでWTOがまた私をエリート委員会に加わるようにとせがんで来るんだ。私には先約があるのだが、我々の目的のためには役に立つかもしれないな。
-M. Finley

deusex_inv_walkthrough_21.jpg

Billie Adams: そのメッセージはシアトルの文化省長官、Mark Finleyからのようね。でも何で彼は配達物を隠している事についてNassif博士に話すのかしら?Tarsusが密輸業に何らかの形で関わっているという事?

これでEmerald Suitesでの現在の目標は一通り完了です。他にまだ調べてない部屋がいくつかあるんだけど、その辺は他のサブクエストで来る事になるので今は行かないでおきます。

次はWTOのDonna Morganに報告するためにWTOエアターミナルに向かう事にします。
(Upper Seattle City Center → Metro Station → WTO Air Terminal)

 WTO Air Terminal

WTOキャプテン: あぁ、Alex Dだな。チーフMorganが君に色々と話したい事があるそうだ。
Alex D: まだ彼女と話す機会を得られてなくてね。
WTOキャプテン: ならすぐにチーフMorganと話した方がいいだろう。彼女は今ヨーロッパにいるんだが、彼女のオフィスにあるホロコムが君宛てになっているはずだ。そこを上がって右に行くと左手に管理棟が見つけられる。

エアターミナルに到着してチーフMorganのオフィスに向かう途中で、Tarsusの訓練生のKlara Sparksとガラス越しに再会します。
deus_ex2_walkthrough_7.jpg

Klara Sparks: 少なくとも一人の顔見知りの訓練生が上官に報告しに来たわね。Leoは見なかった?
Alex D: いいや、でもBillieとは話した。彼女はOrder教会に感化されてしまっているみたいだ。
Klara Sparks: 彼らは自分達が望む事を実行出来るみたいね。Tarsusが標的になるなんて信じられない。何年もの訓練を経た後ではね。
Alex D: 一体何が起きているんだ?
Klara Sparks: 身元不明のヘリコプターが上空を旋回していたの。幸い、今はWTOがパイロットとヘリコプターを確保しているわ。
Alex D: Orderの偵察機だったのか?
Klara Sparks: パイロットはこれから尋問される事になってる。これ以上の事は言えないわ。
Alex D: つまり君は今はWTOの人間という事か、だろ?
Klara Sparks: Tarsusが私達の静脈に注入したものが何であれ、私自身に何の反応も見られないのは喜ばしい事よ。そして今はセキュリティ任務に就く事が出来た。これはあそこにいた頃からずっと望んでいた事なの。

Klara SparksもTarsus襲撃から無事に脱出していて、現在はWTOに加わってセキュリティ任務に就いているようです。
Klaraとの会話を終えて先に進むとチーフMorganのオフィスの向かい側の部屋でCivic Manager(市長?)がSSC(民間警備会社)の高官とホロコムで通話しているのが聞こえてきます。通話を終えてCivic Managerが部屋から出てきたら話し掛けるとサブクエストを受ける事が出来ます。
Vera Maxwell: Inclinatorはどんな状況でしょう?
Civic Manager: まだ解決していない。担当の者達が歩行者の立ち入りを禁止している状態だ。
Vera Maxwell: Standard Securityから心よりお詫び申し上げます。我が社の人間がシアトル下層区の入口でテロリスト達を排除しておくべきでした。
Civic Manager: 君を非難しているわけでは無いが…
Vera Maxwell: シカゴの件もあったのだから私がもっと注意すべきでした
Civic Manager: 確かにSSCセキュリティガードからWTO軍事部隊に変えようという話はここでも出ていたんだ。私はまだ何か起こるのではないかと感じている。ただ、我々は現在の状況を把握している事だけ君に知っておいて貰いたかった。

deus_ex2_walkthrough_8.jpg

Civic Manager: 何の用だ?私は忙しいんだ。
Alex D: すみません…
Civic Manager: Inclinatorについて聞いたいのなら、私は知らない。有毒物が漏れたか何かだろう。そう聞いた。
Alex D: 俺はただ…
Civic Manager: テロリストの攻撃を心配しているのなら、その必要はない。WTOのセキュリティが事に当たっている。Order Churchも再度繰り返すような事はしないはずだ。
Alex D: あなたが全て把握しているのは疑っていません。
Civic Manager: またその他の腐敗に関する苦情も止めて頂きたい。腐敗についても耳を傾けている。密輸業者や怪しい事業主たちだ。その一方でシアトル下層区の半数は、この混乱した地域の市民権欲しさに壁を叩き続けているんだ。
Alex D: 俺はチーフMorganと話しに来ただけです。
Civic Manager: 彼女のオフィスは向かい側だよ。君は極秘任務の訓練を受けているんだろう?私に手を貸す気は無いかい?ある怪しいナイトクラブの賃借対照表を手に入れてきてほしいんだ。角にある「VOX」という店だ。
Alex D: その「怪しい事業主」の一つという事ですね?
Civic Manager: 脱税だよ。確信している。彼はおそらく2階にあるオフィスに書類を保管しているだろう。VOXに関する決定的な証拠を持って来れば、私から十分なボーナスを支払うつもりだ(500クレジット)。どうだい?

【サブクエスト】VOX Finances: Investigate
ナイトクラブVOXの賃借対照表を見つける。クラブの2階にあるオフィスに保管されているという噂だ

ナイトクラブVOXの脱税の証拠を掴むという任務です。
チーフMorganのオフィスに入るとホロコムを通してチーフMorganと会話イベント。
deus_ex2_walkthrough_9.jpg

Alex D: チーフMorganですね?俺に話があると?
Donna Morgan: あなたをTarsusアカデミーから脱出させる事になった例のテロリストの攻撃について、あなたが知っている事を聞かせて貰いたいの。
Alex D: Orderは実験を止めたがっている。俺が知っているのはそれだけです。
Donna Morgan: あの施設は我々自身で監視していました。ApostleCorpと呼ばれる組織を聞いた事はある?
Alex D: カルト集団みたいな名前だ。
Donna Morgan: ApostleCorpがあなたのバイオモッドを作ったの。あなたを非難しているわけでは無いけど、販売が承認された唯一の製品であるPiezochem社製のバイオモッドから、技術がいくつもに分化して派生品が生産されているの。
Alex D: あなたはApostleCorpの特許侵害に関する調査しているという事ですか?
Donna Morgan: 市場の混乱についてね。ApostleCorpの製品の特質として、生体変異を行わせるためにどんな被検体のDNAでも再構築する事が出来るの。一方、標準的な注入では20人に1人の割合でしか効果が無いにもかかわらずね。ApostleCorpはその量産化によってバイオモッドの価格破壊も可能なの。
Alex D: 別の言い方をすれば、あなたは変異された人達にその価値を保持させたいという事か。現実の不動産のように。
Donna Morgan: そう思うなら構わないわ。我々は新たなCollapseを望んでいないというだけ。あなたが我々のために出来る事は、文化省長官のペントハウスで見つけた事実を追跡調査する事よ。街の北にあるMako社の研究所を調べて欲しいの。彼らが違法な武器の研究をしている事、そしてあなたの上司だったNassif博士も関係しているという事が判明した。誰かパイロットを雇ってすぐに出発して貰いたいの。
Alex D: 手の空いているパイロットはいないんですか?
Donna Morgan: シカゴの惨事によって全ての航空機が塞がっている。シアトル下層区にあるGreasel Pit Barに行けばすぐにパイロットを見つけられるはずよ。目的地に向かってくれさえすれば誰が操縦しても構わないわ。Mako社はMag Railと呼ばれる新兵器を開発している。それとNassif博士の捜索に加えて、WTOはMag Railの設計図を手に入れられるエージェントも必要としている。それがあなたであることを願うわ、Alex。
Alex D: ならまずはGreasel Pitに行くべきですね。
Donna Morgan: WTOはいくつもの面倒な敵を相手に見えない戦争を戦っているの。あなたの忠誠心に期待しているわ、Alex。

【メインクエスト】Hire Pilot
Mako社へ向かうためにシアトル下層区にあるGreasel Pitでパイロットを雇う

Mako社が開発中の新兵器「Mag Rail」の調査と、それに関係しているNassif博士の捜索という任務を依頼されます。そのためには、まずは航空機のパイロットを雇う必要があります。パイロットはシアトル下層区のバーに行けば誰か見付けられるだろうとの事。

次の目的地であるシアトル下層区に向かう前に、Civic Managerから依頼されたVOXの調査の方を先に行こうと思います。
 
関連記事

Deus Ex: Invisible War - Walkthrough 3

 Upper Seattle City Center

組織、派閥、そして競合する目的

ゲーム全体を通して様々な勢力があなたに目的を与えるでしょう。これらの目的は互いに相反するものかもしれません。あなたは自分の行動を自由に選ぶ事が出来ます。この世界に「誤った道」というのは無いのです。
現在の目的はDatavaultに保存されます。「N」キーを押してアクセスしてください。

ここからのストーリー進行は常にプレイヤーに選択が委ねられる形で進んで行きます。なので、以降のストーリーは今回のプレイで選択したルートの紹介という事になります。
なお、どのような選択を取ったとしてもゲーム終盤まではストーリー自体が分岐するような事は無く、単に各勢力の主人公に対する評価に変化が表れるだけです。

エレベーターから出た所でWTOの兵士に呼び止められます。
WTO(世界貿易機関)はこのゲームにおける主要勢力の一つで、世界中の貿易を取り仕切っている巨大な組織です。The Collapseの後に世界の経済を立て直す事で急激に力を強め、現在では最も影響力のある勢力にまでなっています。前作でフランスのレジスタンス「Silhouette」を率いていた「Chad Dumier」が現在はこのWTOのリーダーの座に就いています。
deusex_inv_walkthrough_16.jpg

Officer Lawson: すみません、検問所に近付かないで下さい。
Alex D: どうしてだ?なぜ俺が足止めされる?Tarsusへの襲撃から逃げて来た所なんだ。
Officer Lawson: この騒動への対処についてはWTOにお任せ下さい。ただ私の質問に答えてくれるだけで良いのです。あなたは誰の下で働いているんですか?関係職員以外の方はセキュリティが復旧するまで立ち入り禁止となっています。
Officer Gibbs: 彼は例の一人です。
Officer Lawson: 確かなのか?
Officer Gibbs: 間違いありません。
Officer Lawson: いいでしょう。通って下さい。ただしWTOエアターミナルでChief Morganにすぐに報告するようにとの指示が出ています。
Alex D: 何か問題でも?
Officer Lawson: このエリアを封鎖するので早く出て下さい。
Officer Gibbs: WTOの敷地内ならあなたも安全でしょう。いずれにせよInclinatorでシアトル下層区へは行かないように。あの辺りはOrderのテロリスト達が活動的です。

Alex D: 何故俺が?人間違いでは無いのか?
Officer Gibbs: 私はその顔に見覚えがあるだけです。あなたが何をしたのかは聞かされていません。
Officer Lawson: Chief Morganならその訳を知っているでしょう。
Alex D: どういう意味だ…俺は何もしていないぞ。
Officer Gibbs: それはChief Morganに言って下さい。
Officer Lawson: ああ、Chief Morganに言うべきです。

【クエスト】Report to WTO
(WTOクエスト)WTOエアターミナルにいるセキュリティ主任のDonna Morganの元に報告に向かう。


検問所の士官からWTOエアターミナルにいるChief Morganに報告に行くようにと命じられます。これがWTOに協力する場合の主要目的です。WTOエアターミナルへはメトロステーションから地下鉄に乗って行けます。

エリア内を歩いていると更に2人の人物から通信が入ります。
deusex_inv_walkthrough_17.jpg

Billie Adams: 無事に検問所を越えたわね。良かった。あの兵士達が言っていた事は全て忘れていいわ。私にとってWTOへの信頼は今のTarsusに対するものと似たようなものなの。Tarsusのプログラムの欺瞞に関して更なる裏付けが必要ならNassif博士のアパートに行くといいわ。彼女のオフィスに入り込んだ時にアドレスを手に入れたの。Emerald Suitesの2224号室よ。建物の地図をあなたに送るわね。

deusex_inv_walkthrough_18.jpg

Lin-May Chen: 可能な内にシアトル上層区から出るべきです。WTOはすぐにもあなたを逮捕しようとするかもしれません。エリアの北西にあるInclinatorに乗って下層区に行けます。

Billie Adamsからの通信はNassif博士のアパートを調査するというサブクエスト(Dr. Nassif: Search Apartment)、Lin-May Chenの方はシアトル下層区にあるハートフォードタービン工場に行くという、The Order側ルートの主要目的です。
この後はいずれかのクエストの目的地に向かう事になりますが、その前にこのエリア内(Upper Seattle City Center)を一通り見て回っておきます。

下階の北西にはシアトル下層区へ行くためのInclinator(大型エレベーター)があります。Inclinatorエリアへの入り口付近にはチンピラ3人組がいて近付くとイベントが発生。

deus_ex2_walkthrough_5.jpg

チンピラA: そこのお前、ちょっと来な。
Alex D: 何か用か?
チンピラA: お前この辺に住んでるのか?俺は上層区に来るのは初めてなんだ。どこか買い物出来る場所を知ってるか?
チンピラB: 落ち着けよ、Red。ミスターPから大人しくしてろと言われただろ。
チンピラA: 聞こえないのか?俺はお前が着てるみたいなフライレザーの上着が欲しいって言ってるんだ。
チンピラB: おい、止めとけって。何で毎回職に就く度にお前のせいでクビにならなきゃいけないんだ?
チンピラA: ミスターPはここに立ってろって言ったんだ。だから俺はここに立ってるが、今はショッピングに行きたいんだよ。だけど俺は金を持ってない。そこにお前がやって来たのさ。

1.革ジャンが買えるだけのお金を払うから傷付けないでくれ。(100)
2.相手を間違えたな、チンピラ。
3.相手になってやりたいところだが、まあいいだろう。もしお前がミスターPについて教えてくれるなら、革ジャンの代金をいくらか出してやるがどうだ?(50)
4.いいよ。ただ先にATMに行かせてくれ。

(4番を選択)

チンピラA: 俺が騙されると思うか?
チンピラB: 行かせてやれよ、Red。
チンピラC: ここで揉め事を起こすつもりなら一人でやってくれ。俺はこの仕事をやって行くつもりなんだ。
チンピラA: いいだろう。だけど次は必ず払ってもらうからな。俺は病気のママにプレゼントをあげたいんだよ。

チンピラ達が見張っている(?)ボックスには武器MOD(Glass Destabilizer)が入っています。ここでは4番の選択肢を選んでからチンピラ達を倒して武器MODを入手しました。

中庭ではWTOのリーダーChad Dumierのホログラムがプロパガンダ演説を行っているのを聞けます。
北のコーヒーショップ「Pequod」の店主に話しかけるとサブクエスト(Coffee Wars: Destroy Beans)が発生。

deus_ex2_walkthrough_3.jpg

Alex D: 近くでテロリストの攻撃があったせいで店の売り上げもあまり良くないみたいだね。
Pequodの店主: そうだな。ここにいるCliveがちょうどその事について話してたんだ。Tarsusアカデミーだったか?普段ならOrderはInclinatorを狙うんだがな。
常連客: ビジネスはいつも同じだよ…最初からね。それが私の言った事だ。あんたは高価な賃貸料のおかげでかろうじて利益を上げられるんだ。
Pequodの店主: ああ、もし私がシアトル下層区に支店を構えているのならそれ程の売り上げも必要無いんだがな。それがどうかしたか?
Alex D: 単に気になっただけだ。俺の故郷にあるPequodはいつも満席だったからね。
Pequodの店主: 個人的だが、そろそろシアトル下層区も、とりわけQueeQueg's Coffeeもテロの被害を味わうべきなんじゃないかと思っている。
常連客: 言いたい事は分かるよ。何か考えでもあるのか?
Pequodの店主: 誰かが傷付くのを見たいわけじゃない、でも誰かが彼らの店に侵入してコーヒー豆に火を放ってくれるなら報酬を出す用意はある。
常連客: (笑う)いいね。
Alex D: それって放火じゃないか。
Pequodの店主: 察しがいいな。君はこの辺でよく見かけるTarsusの連中の一人なんだろ?彼らなら出来るはずだ、グレネードを盗み出すとか何とかしてな。ちょっとした冒険に興味は無いかい?
Alex D: 考えさせてくれ。
Pequodの店主: QueeQuegの店主はHeron's Loftビルの21号室に住んでいる。君ならそこで店のコードを見つけられるだろう。だけど注意してくれ、奴はいつも自宅の近くをうろついているんだ。我々のように24時間働く必要なんて無いからな。

コーヒーショップ間の争いのクエストです。今はとりあえず話だけ聞いておいて、あとで近くに寄った時に手を付けようと思います。

階段を上がって上階に行くと、Orderの偵察員に話し掛けられます。
deus_ex2_walkthrough_4.jpg

Alex D: 更なる傭兵の洗脳活動中か?
Orderの偵察員: どういう意味?
Alex D: Tarsus襲撃の事を言ってるんだ!あれがあんた達の説教に耳を貸さない人々に対する行為なんだろ?彼らを殺したんだろ?
Orderの偵察員: 拠点に来たブラザーLamarは私に言いました。彼とその部下達はHer Holinessの忠実なフォロワーであり、もし挑発されれば戦う事もあります。

1.下らない伝道に戻るんだな。付き合っている暇は無い。
2.本当の事を言ってるのかもしれない。どうかな?あんた達の信念についてもっと聞かせてくれ。
3.お前達がTarsusでやった事に弁解の余地は無い。Orderは壊滅させられるべきだ、手始めにお前からだ。

(2番を選択)

Orderの偵察員: 私は以前ここに住んでいてDumierの言葉を全て信じていました。しかしそれも彼らが文字通り洗脳を行っていたという事を知るまではです。彼は真面目に働けば誰でも成功を収められると人々に説いていましたが、実際には選ばれたごく少数の者だけが富を手にするように全てコントロールされていたのです。私は皆を目覚めさせようと努めています。
かつて私もあなたと同じように何も考えずただ消費するだけでした。しかしあなたは常に何かが失われていると感じているでしょう。Orderに加わればHer Holinessがその答えを与えてくれます。

特に意味の無い単なる会話イベントです。

上階の北東にはOld Seattle Overlookという展望スペースがあります。ここには監視カメラとタレットに守られたATMとガラスのショーケースがあるので、お金/アイテムを手に入れる場合はマルチツールやEMP攻撃でセキュリティを無効化します。
北西にはサイドクエストの目的地「Emerald Suites」、南西にはナイトクラブ「Club Vox」、南の「Metro Station」からはWTOエアターミナルに行く事が出来ます。
Metro Stationを利用するには素直に窓口でチケットを購入(250)するか、手前のダクトから入ってセキュリティパネルをハッキングしてレーザーを停止すれば素通りする事も出来ます。ただ、窓口にいるのは正規の職員では無く不法占拠中の悪党みたいなので、武力行使で皆殺しにして進んでも問題無いでしょう。

とりあえず次はサイドクエストをこなすためにEmerald Suitesへ移動する事にします。
 
関連記事

Deus Ex: Invisible War - Walkthrough 2

 Biomod Laboratory

deusex_inv_walkthrough_10.jpg

Leila Nassif: あなたはもう既に研究室を見たわね。それならいくつかのBiomodをあなたにインストールしても何も問題無さそうね。あなたにとっても必要になるだろうし。
Leila Nassif: そのキャニスターはあなたの体の部位にナノマシンの種の集合体を送り込むものなの。あなたはそれぞれの部位に特定の能力を設定する必要があるわ。例えば、脚部のアクチンドライバーは速力をアップさせるか足音を消すかが出来るの…どちらか片方だけね。
Alex D: Biomodの構造についてのセミナーが少し遅かったようです。
Leila Nassif: Tarsusのカリキュラムはあまり一般的とは言えないかもしれないわね、だけど信じて…私達は訓練生の事を考えているのよ。
Alex D: Tarsusを攻撃している者達…彼らはシカゴを攻撃した連中なんですか?何が起きている?
Leila Nassif: Orderは狭量なカルト集団なの。彼らは多国籍企業とそれを守る私設軍隊を嫌っているのよ。
Alex D: それには俺も含まれると。
Leila Nassif: その通り。でも彼らがシカゴの件に関わっていたとは思えないわね。彼らは世界的な組織であって単なるテロリストの集団ではないわ。
Alex D: 俺にはそうは思えないが。
Leila Nassif: 多くの組織が我々の失墜を待ち望んでいるの。私が今言える事はこれが全てよ。
Alex D: 俺の部屋で俺の事をスパイしているような連中をどうして信用しろと?
Leila Nassif: 我々には理由があって任務を秘密にしているのよ、Alex。あなたが捕えられる危険だってあるというのに全ての報告を受けられるなどと期待しない事ね。さあBiomodをインストールしてここから出るのよ。

【メインクエスト】 Tarsus Assault: Install Biomods
Biomodキャニスターを使用して自身のシステムをアップグレードする


棚に置いてあるBiomodキャニスター3つを手に入れて自分にインストールします(「B」キー)。Biomodはそれぞれ3段階までアップグレードが可能です。

Biomodは以下の5つの部位にそれぞれ1つづつインストールする事が出来ます。青文字は通常のキャニスターでインストール可能な能力、赤文字はレアな「Black Market Biomod Canister」でのみインストール可能な能力です。

Eye Biomod
Regeneration - 体力回復
Vision Enhancement - 視覚強化
Spy Drone - 偵察ドローンを飛ばす

Cranial Biomod
Cloak - 透明化(対人のみ有効)
Hazard Drone - 酸/ガスダメージを軽減するドローンを出す
Neural Interface - 端末のハッキング、Passive能力(※エナジーを消費しない)

Skeletal Biomod
Aggressive Defensive Drone - ロケット/グレネードを手前で爆発させる
Thermal Masking - 機械系から身を隠す
Electrostatic Discharge - 近接攻撃にEMPダメージを付加、Passive能力

Arm Biomod
Enhanced Strength - 重い物を持ち上げる/インベントリスロット増加、Passive能力
Biotox Attack Drone - 毒攻撃のドローンを出す
Bot Domination - ボット/カメラ/タレットを乗っ取る

Leg Biomod
Move Silent - 足音を消す、Passive能力
Speed Enhancement - スピード/ジャンプ力アップ
Health Leech Drone - 死体から体力回復可能

Passive(常時有効)な能力はエナジーを消費しません。それ以外の能力は「B」キーでBiomod画面を開いてから使用する形で、起動中の能力が発動した際にエナジーが消費されます。
前作と違って後から別の能力に付け替えも可能ですが、その際には上書きする形になるのでそれまでに消費したキャニスターは無駄になってしまいます。ちなみに今回のプレイでは以下の能力を取る予定です。
 Eye - Regeneration
 Cranial - Neural Interface
 Skeletal - Aggressive Defensive Drone
 Arm - Enhanced Strength
 Leg - Move Silent
ここではRegenerationとEnhanced Strength x2をインストール。

Leila Nassif: 出来たわね。楽しんで頂戴。それは通常のエナジーセルで機能するにもかかわらず標準的なPiezochem製品よりも効果的なの。さあ施設から脱出するのよ。この階のエレベーターは研究所の一般的なアクセスコードが使えるわ…3445よ。

あとは施設から脱出するだけですが、出口までのセキュリティは既にテロリスト達によって書き換えられいるので、監視カメラやタレット、侵入してきたテロリスト達に対処しながら進む事になります。
deusex_inv_walkthrough_11.jpg

研究員: テロリスト達がセキュリティを書き換えたからここのタレットは敵対してしまっているわ。それで私達はここから身動き出来ないでいて、研究員達は分断されてしまっている。
Alex D: 何とかして監視カメラを出し抜く術があるはずだ。
研究員: カメラに見つからないように巧くすり抜けるか、EMPで停止させる事も出来るわ。でもカメラに見つかってしまったらすぐにタレットが起動してしまうわよ。
Alex D: 簡単そうだ。あんたも付いて来るか?
研究員: 私はそんな危険を冒す気はないけど、あなた達はそういった訓練を受けているんでしょうね。私はガラス越しにノートを取るだけのただの注意深い生徒みたいなものなの。多分すぐに救援がやって来て私を助けてくれるわ。でもあなたはそんな悠長に構えていられない…あなたは捕えられるわけにはいかないのよ!
Alex D: 分かった、好きにするがいいさ。

deusex_inv_walkthrough_12.jpg

Leila Nassif: 私の言う事を聞いて…Tarsusは研究員達による覗き見行為に対する厳格な方針を持っているわ。あなたの居室が観察されていたのは、Biomodを組み込まれた訓練生が異常な挙動を示さない事を確認していただけなの。

監視カメラをやり過ごして(ツールで停止させる/スニーク/EMPで破壊など)先に進むと研究員の一団がいる部屋に出ます。
deusex_inv_walkthrough_13.jpg

Alex D: あなたがこの沈み行く船の船長ですね。
研究員A: 言わばそんな所だ。我々はこの研究をあの狂信者達に無抵抗で譲り渡すつもりは無い。

研究員B: 何か変です…別のテロリスト部隊のようです。
研究員A: どこだ?
研究員B: 私達のすぐ下にいます。彼らは居住区を通り抜けて来ています。
Alex D: あなた達は本当にここで戦うつもりなのか?
研究員A: もしこの施設が敵によって占拠されてしまったら、どうやって君が創り出されたかを奴らが知ってしまう事になる。我々と共にいてくれ、Alex。戦闘訓練を受けているのは君だけなんだ。侵入者達が私や部下の所へ来る前に君なら対処出来るかもしれない。
Alex D: この施設は俺達訓練生を観察するための物なんですか?俺はシカゴでも監視されていたのか?
研究員A: 生体改造というのは君が思っているよりもずっと複雑なんだよ、Alex。この施設は君達を守るためのものなんだ。
Alex D: 俺の名前を知ってるんですね。
研究員A: 私のコードで君の体細胞のタンパク質合成を管理するようになれば更に知る事になる。

【サブクエスト】 Protect Scientists
オブザベーションデッキにいる科学者たちを侵入者から守る


暫くするとOrderの兵士数人による襲撃がやって来ます。これはサブクエストなので無視して先に進んでも良いですが、襲って来る2~3人の敵を倒せば良いだけなのでついでにやっておくと良いでしょう。敵を全て倒したら研究員のリーダーに報告して報酬を貰います。
この部屋には貴重な「Black Market Biomod Canister」があるので忘れずに回収しておきます。
また、前作の主人公であるJC Dentonに関する書物も置いてあります。
Denton兄弟:伝説と謎

彼の行動の多くは未だ謎に包まれているが、グレイデスの伝染病の解決においてJC Dentonが大きな役割を果たした事を我々は知っている。しかし、彼はまたThe Collapseを引き起こした疑いも持たれている。彼は元々UNATCOのエージェントであったが、その腐敗に気付いた後、彼は兄であるPaulと共にNSF革命軍に加わったのだ
世間一般のイメージでは今もJCとPaulは強大で謎めいた存在であるにもかかわらず、この数十年の間、誰一人として彼らに会った者はいない。一部の過激な思想家はDenton兄弟が再び姿を現すと信じているが、多くの者にとっては彼らは単にThe Collapseによって滅びてしまったというのが結論だ。

文中のThe Collapseとは前作のエンディングの一つ(New Dark Ageエンド)で起こることになるイベントで、エリア51の爆破によって世界中のネットワーク機能が失われてしまうというもの。本来は前作で他のエンディングを迎えていた場合はこのThe Collapseは起こり得ないんだけど、このゲームの設定では他の2つのエンディングが起きた上で更にThe Collapseまで起きてしまった事になっています。

先に進んで監視カメラのある部屋を抜けると出口のエレベーターがあります。エレベーター前のホログラムに近付くとOrderの「Lin-May Chen」という女性幹部から通信が入ります。
deusex_inv_walkthrough_15.jpg

Lin-May Chen: Orderはあなたと共にあります。行きなさい。あなたは自由よ。
Alex D: あんたは誰だ?
Lin-May Chen: 私はHer Holinessに仕える高位オウガーのLin-May Chenです。シアトル上層区ではあなたを守る事が出来ません。我々の教会に来てくれればもっと話す事が出来るでしょう。
Alex D: 俺を守る?一体誰から?
Lin-May Chen: Nassif博士です。彼女はあなたを再度捕えようとするでしょう。
Alex D: 俺がこの極秘任務プログラムにいるのは誰に強制されたわけでも無い。
Lin-May Chen: あなたは今まで一度も去ろうとした事が無いから分からないのでしょう。信じて下さい、あなたがあの研究員達を失望させていたらその瞬間に殺されていたのです…あなたの寝室の裏に配置されていた彼らによって。
Alex D: 俺が知っている唯一の殺人者はあんた達Orderの兵士だけだ。
Lin-May Chen: その事は謝ります。私の熱心な指揮官が指示に背いたのです。彼には救出を命じてありました。
Alex D: 自分の部下を制御出来ていないのか?
Lin-May Chen: 教会は一種の内部紛争によって苦しんでいるのです。それは後で詳しく説明出来るわ。さあ急いで、Alex。我々はシアトル下層区にある古いハートフォードタービン工場にいます。

【メインクエスト】 Report to Church
(Orderクエスト)シアトル下層区にあるOrderの教会へ行く
シアトル下層区へは上層区の北東の角にある「Inclinator」から行ける


Order勢力に協力するクエストが発生します。以降のメインクエスト(Primary Goal)は、このように接触して来るいずれかの勢力からどれか一つを選択して、その勢力に協力して進めていく形になります。
会話が終わったらエレベーターに乗ってシアトル上層区へと移動します。
 
関連記事

Deus Ex: Invisible War - Walkthrough 1

deus_ex2_walkthrough_0.jpg

Deus Exシリーズの2作目「Deus Ex: Invisible War」を久しぶりに再プレイするにあたり、主要な会話文の和訳をメインに簡単なウォークスルーを書きながら進めていこうと思います。難易度はノーマルでのプレイです。



今作の舞台となるのは前作エンディングから20年後の世界です。マルチエンディングだった前作のその後に関しては、それぞれ何らかの形で全てのエンディングが起きたという設定になっていて、その辺についての詳細は後々明らかになります。

deus_ex2_walkthrough_1.jpg

オープニングムービーではシカゴの街がナノテクテロによって壊滅する様子が描かれます。シカゴにある軍事施設の訓練生だった主人公は、テロによる被害から間一髪逃れてヘリでシアトルへと運ばれ、Tarsusアカデミーのシアトル支部の一室で目を覚ました所からゲーム開始になります。

 Tarsus Apartments

最初に操作キャラクターの設定です。ポートレートの画像で性別を選択、名前は男女共に「Alex D」で固定になっています。設定を終えたらチェックボックスをクリックしてゲーム開始です。

・目の前にあるボックスからData Cube(居室エリアのマップ)を手に入れます。Data Cubeから手に入れた情報(クエスト目標/メモ/画像など)は「N」キーでDatavaultを開いて参照出来ます。
・正面の棚にあるBinoculars(双眼鏡)を取るとインベントリとショートカットの操作についての解説が表示されます。「V」キーでインベントリを開き、アイテムをダブルクリックすると装備または使用、アイテムを左クリックで選択してから画面左にあるショートカットバー上で右クリックでショートカットの登録です。

デスクに近づくと施設の責任者であるLeila Nassif(のホログラム)と会話イベント。

deusex_inv_walkthrough_4.jpg

Leila Nassif: ようこそAlex。起きたみたいね。
Alex D: 空の旅から解放されたくて寝ていただけです。一体何があったんですか?警備員達に無理やり屋上へと連れて行かれたんだ。
Leila Nassif: まずは自己紹介をさせて。ここシアトルのTarsusアカデミーを監督しているLeila Nassifよ。
Alex D: 俺はシアトルに連れて来られたのか?Billieは?彼女もここに?
Leila Nassif: Alex、シカゴで事件があったのよ…テロリストによる攻撃のようね。我々はあなたとBillieを急いで避難させたの。
Alex D: 攻撃があったなんて誰も話してくれなかった。どれ位の被害が?シカゴには友達がいるんです。
Leila Nassif: 一度に全ての詳細を求めないで…私を信じて。下の階で他の訓練生達に会って来るといいわ。その地図を参考にして。あなたのシカゴでの友人のBillie Adamsさん、彼女の部屋は下階に向かう途中の454号室よ。

(爆発音がして部屋が揺れる)

Alex D: 今の音は何ですか?
Leila Nassif: あなたは何も心配しなくていいわ。Alex、それよりもやるべき事が有るでしょ。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Meet Billie
454号室にいるシカゴでのクラスメートBillie Adamsに会う

Leila Nassifとの会話を終えたら部屋から出て、同じシカゴ支部から逃げて来た訓練生のBillie Adamsに会いに454号室へ向かいます。
通路を歩いていると目の前で爆発が起こり警備員が死亡する場面に遭遇しますが、その事について近くにいた清掃員と話しても動揺しているだけで何も答えは聞き出せません。
deusex_inv_walkthrough_5.jpg

インターコム: はい、誰なの?
Alex D: 俺だよ、Alexだ。
インターコム: ようやくね…そろそろ目を覚ます頃だと思ってた。入って。ここで起こっていることについて話し合う必要があるの。

Billie Adams: この「騒ぎ」について聞いたんでしょ。
Alex D: 一体何が起きているんだ?Nassif博士は爆発音がしたのに気にするなと言うし、廊下に出たら丁度男が殺されるのを見た。
Billie Adams: 私もNassif博士から答えを聞き出そうとしたけど、彼女はエレベーターのコードを教えてくれただけだったわ。28901よ、あなたも必要でしょ。私も何が起きているのかは分からないけど、私達が安全ではない事だけは確かね。私達はここの人を誰も知らないからお互いに協力し合った方が良いわ。
Alex D: ありがとう。俺はここの「女主人」に会うべきなんだろうな。他に出来る事も無いし、直接顔を合わせればもっとまともな返答が得られるかもしれない。君も来るか?
Billie Adams: いいえ、遠慮するわ。する事が有るの。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Report to Dr. Nassif
レクリエーションエリアにいるNassif博士と話す

ここでBillieからエレベーターのアクセスコードを教えて貰うので、Nassif博士と直接話すためにエレベーターでレクリエーションエリアに向かいます。アクセスコードは入手さえしていればキーパッドを右クリックするだけで自動で使用してくれます。

 Tarsus Recreation

エレベータを降りてすぐ左手のオフィスにLeila Nassif博士がいます。
deusex_inv_walkthrough_6.jpg

Leila Nassif: あなたが何を考えているか分かってるわ。心配しないで。シカゴのようにはならないから。
Alex D: この施設は攻撃を受けている…でも誰から?
Leila Nassif: 誰でも無いわ…単なる一つの事件よ。聞いて頂戴、訓練生達にはレクリエーションエリアにいて貰いたいの。ここなら皆安全よ。

Project Director: 博士…博士!コードイエローです。
Leila Nassif: あぁ…こんにちわ、Stan。本当なの?
Project Director: 警備の一人が死亡したようです。
Leila Nassif: すぐにそっちに行くわ。

Leila Nassif: あなたは他の皆に挨拶を済ませて来るといいわ。Klaraはすぐ下のホール、Leoはトラックを走っているはずよ。
Alex D: 何が起きている?危険が迫っているなら俺にも知る権利がある。
Leila Nassif: レクリエーションエリアにいれば安全よ。行って、Alex。私には訓練生一人一人に説明している時間は無いの。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Meet Leo / Meet Klara
Leo Jankowski/Klara Sparksに会う

Nassif博士からは何も聞き出せないので、このフロアにいる他の訓練生2名に会いに行きます。

・一人目は陸上トラックでランニング中の「Leo Jankowski」、ここでの会話の内容は主に自己紹介的なものですが、Leoの会話から彼は自分の能力を過信している自信家である事が窺えます。
・もう一人は休憩所にいる「Klara Sparks」、こちらも単なる自己紹介的なもので、Klaraはごく普通の気の良い若い女性という感じです。

2人とも後々まで関わってくるキャラクターなので、とりあえず名前と主な特徴だけ頭に入れておくと良いでしょう。
2人との会話を終えた所で施設への攻撃が本格化して、襲撃者達が施設内にまで侵入して来ます。
deusex_inv_walkthrough_7.jpg

Leila Nassif: これは訓練ではありません。施設が攻撃を受けています。Alex、バスケットボールコートの隣にあるあなたの装備品ロッカーからメディキットとマルチツールを手に入れて来るのよ…用心の為にね。ソフトキーIDをあなたのデータボルトに転送するわ…詳しい状況が分かったらまた連絡するわね。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Get Equipment
トレーニングエリアにある自分のロッカーからアイテムを手に入れる

Nassif博士の指示に従い、下階のロッカー室にある自分のロッカーから武器/アイテムなど一通り手に入れます。

・ハンドガンを装備した状態で「F」キーを押すとフラッシュライトが使用出来ます。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Exit the Facility
Tarsusの施設から脱出する

Nassif博士からの通信によると襲撃犯は「Order」という宗教組織だとのこと。Nassif博士のオフィスにあるエレベーターを使って施設から脱出するようにと指示を受けるのでこれに従います。
エレベーターに向かう途中でSSCの警備員からOrderの兵士がこちらに向かって来ていると警告を受けます。選択肢から「スニークでやり過ごす」または「2人がかりで兵士を倒す」などを選択して、やって来る敵の兵士に対処して先に進みます。

Nassif博士のオフィスに行くとBillie Adamsが先に来ていて主人公を待っています。
deusex_inv_walkthrough_8.jpg

Alex D: Billie…何してるんだ?俺たちは皆同じ指示を受けている、Nassif博士のオフィスを通って脱出しろと。
Billie Adams: そんなの忘れて。彼らが私達を無責任に見捨ててこの施設で起きたトラブルを私達に押し付けないという保証でもあるの?必要な物を今すぐ手に取って、あなたのBiomodをインストールするの…Tarsusには私達に対してそれだけの借りがあるのよ。私は自分の分を手に入れたわ。このトラブルに値するだけの物を。
Alex D: どうやって?この施設は封鎖されて現在避難中なんだ。
Billie Adams: 自分の部屋に戻るのよ。そこからOrderが破壊した箇所を通ってBiomod研究室へと行けるはずよ。
Alex D: 待ってくれ…君は何が起きているのか知っているのか?
Billie Adams: Orderがシカゴで私に接触して来たの。そしてTarsusの背信行為について私に告げた…私達は訓練生なんかじゃない、テスト用の被験体なのよ。そんな扱いを受けていた事を知ったら彼らの指示に背く事も悪いとは思わなくなった。
Alex D: だけどOrderはどこからこの件に入り込んできたんだ?彼らは世界規模の教会であって個人の調査員では無いだろう。俺は決断する前にもっと知っておく必要がある。
Billie Adams: Orderは自然のバランスを信じていて、Tarsusのしている事はそれを乱す行為だと考えているの。自分の行動が研究所の意図によって秘密裏に操作されてしまってはバランスのとれた生活など不可能になってしまうわ。あなたにとって今こそTarsusの真の姿を見るチャンスなの。さあ、あなたの部屋から始めてこの施設を見て周るのよ。

【メインクエスト】Tarsus Assault: Go to Biomod Lab
自分の部屋に戻って、隠されたBiomod Labへと繋がる通路を探す

Billieの話では主人公達は単なる訓練生では無く、実際にはこの施設で行われている研究の被験体だとの事です。この話の裏付けを得るためにも、とりあえずエレベーターで自分の部屋へと戻る事にします。

 Tarsus Apartments

エレベーターを降りて自分の部屋に向かいます。通路にはOrderの兵士がいるので、戦って倒すか、または手前の部屋から通気口を通り抜けて戦闘を回避する事も出来ます。
deusex_inv_walkthrough_9.jpg

Billie Adams: 通路での争いを避けたければ通気口を通り抜けて行くといいわ。その通気口はKlaraとLeoの部屋を繋いでいるの。すぐ左の部屋に入れば通気口が見つかるわ。

部屋に着くとBillieからの通信が入ります。
Billie Adams: 今から電源を落とすから天井を見ていて。

(電源が落とされる)

研究員A: あれは被験体の一人だ。
研究員B: シィーー!サウンドバリアが落ちたみたいだわ。
研究員A: 音だけじゃない。彼には我々の事が見えているぞ。
研究員B: 彼はどうするつもりかしら?
研究員A: あれはどっちの型だ?
研究員B: D-0-3よ。

主人公の部屋の天井はマジックミラーになっていて、常に研究員が監視出来るようになっていたことが判明します。
そのまま部屋の浴室の壁に空いた穴から先に進むとBiomod研究室へ。
 
関連記事
攻略記事
Serious Sam HD: FE
Serious Sam HD: SE
Zombie Shooter
Alien Shooter: Revisited
古いゲームの画質/操作性向上まとめ(Steam版)
Geneforge 1 Walkthrough
Betrayer Walkthrough
SpellForce 2: DS Walkthrough

gary2000

カテゴリ
TF2 (5)
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード