FC2ブログ

2018 Steam ウィンターセール

2018_steam_winter_sale_1.jpg

ウィンターセールで購入したゲームです。
特に欲しいゲームや買う予定だったゲームは無かったんだけど、せっかくのセールなので何かしら買っておきたかったという事でウィッシュリストの中から何本か適当に選んで購入しました。

Assassin's Creed Odyssey
少し前に出たばかりで評価も高いアサクリシリーズの最新作です。これはウィッシュリストには入れてなかったんだけど発売当初から結構気になっていて、リリース後の評判も良いみたいだったし何か大作系も欲しかったので買ってみました。ちなみにアサクリシリーズは1つもプレイした事はありません。元々UBIのゲームは似たような内容の焼き増し&ゲーム機向けといった感じであまり良い印象が無かったんだけど、最近のオープンワールド大作ゲームに関しては他のメーカーよりもクオリティの高いゲームを量産しているイメージがあります。個人的にここ最近はオープンワールド系をあまり深く考えずにダラダラとプレイするのがお気に入りなので、このゲームもそんな感じで楽しめそうな気がします。

Vampire: The Masquerade - Bloodlines
3DRPGのカルト的古典という事で気になっていたゲームです。日本語化が無いのでなかなか手を出す気になれなかったんだけど、今後日本語化されるという事も無いだろうしとりあえず購入しておいていずれ気が向いた時に英語のままチャレンジしてみようと思います。

First Winter / Killing Time / Weaves of Fate
インディー/クラシック系のチープなグラフィックのゲームです。First Winterは初期バイオ系、Killing Timeは3DO時代の古いFPS、Weaves of Fateはスーファミ/メガドライブ風なグラフィックの斜め見下ろしRPGです。個人的にこの手のノスタルジックな雰囲気のゲームは好きなので安かったし買ってみた感じです。

まだ他にも気になっているゲームはいくつかあって、大作系だと「バイオ7」や「FF15」「Prey」「GTA5」など、アサクリじゃなくてその辺のを買っても良かったんだけど、とりあえず今回は一番最近のゲームという事でアサクリにしました。まあもしかするとセール終了までにやっぱり欲しくなってどれか買うかもしれません。
あとは「クロノトリガー」や「Dawn of War 2」、いつの間にか日本語対応になった「Republique」、日本語が無いので躊躇している「Spellforce3」「Battletech」、この辺もまだ結構悩んでいるのでセール終了までに気が向いたら購入するかもしれません。



ちなみに先月のオータムセールで購入したのは↓

2018_steam_autmun_sale_1.jpg

この内のファークライ4とTurokはブログの記事では書いてないけど既にクリア済で、どちらもそれなりに楽しめました。ファークライ4は予想していた通りの内容で無難に楽しめる快適で盛沢山なオープンワールド、TurokはNINTENDO64でリリースされたFPS「時空戦士テュロック」のPC移植版で、出てくる敵が恐竜になったDoomかと思ってたら実際にはアスレチック要素の強いアドベンチャー系(初期トゥームレイダーなど)のゲームでした。まあ期待していたものとは違ったけど普通に楽しめました。
Tyrannyは日本語化が完成したそうなのでなるべく早めにプレイしたいなと思ってます。とりあえず持ってなかったDLCやその他色々まとめられたGold Editionを買っておきました。
 
関連記事
スポンサーサイト

雑記: Mad Max

mad_max_5.jpg

mad_max_6.jpg

2015年リリースのオープンワールドアクションアドベンチャー「Mad Max」をクリアしました。
ポストアポカリプス世界を舞台にした人気映画シリーズ「Mad Max」のゲーム版で、同年に公開されたシリーズ4作目「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の世界観に基づいた内容となっています。

ゲームシステムは3人称視点の主人公を操作する近接戦闘主体のアクションアドベンチャーとなっていて、オープンワールドのマップを舞台に様々なミッションをこなしていく事でストーリーが進んで行く形です。戦闘のシステムはバットマンシリーズとほとんど一緒で、ボタン連打で勝手にコンボが出たり、次々と入れ替わる敵に対してカウンター攻撃で対処するという、バットマンの戦闘そのまんまのシステムになっています。攻撃は基本的にはパンチとキックのみですが、敵が持っている近接武器を奪って一時的に使用出来たり、弾数が少なく隙も大きいショットガンを使用する事も出来ます。この近接戦闘は個人的にあまり好きではないんだけど、バットマンシリーズが絶賛されていたり他の3Dアクションゲームでも取り入れられていたりと一般的な受けは良いみたいです。また、近接戦闘とは別に車両による戦闘もゲームプレイの多くを占めていて、こちらは基本となる体当たりの他にショットガン/ロケット/スナイパーライフルやハープーン(ロープアローみたいなの)で戦っていく形になります。

メインストーリーの他にはいくつかのサイドミッションや敵拠点の開放、車両によるレースなどがあちこちに用意されていて、それらで得た報酬を元にキャラクターや車両、味方の拠点がアップグレード出来るようになっています。個人的にこの手のオープンワールドではストーリーをメインに進めてその他の要素にはあまり手を付けないことが多いんだけど、今回のプレイでは中盤辺りまでは全てのイベントを一つ一つ潰しながら進めています。その理由としてはメインストーリーだけだとキャラクター/車両がほとんど強化出来なかったのと、あとはまあ気分的なものでダラダラとプレイするのに丁度良い難易度だったので何となくプレイし続けてしまった感じです。ただやっぱり中盤辺りまで来ると飽きてしまってたので、その辺からはストーリーのみを追う形で最後まで進めています。最終的には主人公の能力は全て最大、車両の方はいくつか必要な項目だけ最大まで上げたけど全体的には少し足りてなかった気がします。

プレイ時間が長かったので途中で飽きてしまったんですが、ゲーム自体は今時のオープンワールドとしては無難な造りで、特に目立った欠点も無く十分楽しめる内容だったと思います。ただ、元々は銃撃戦がメインのゲームだと思っていたのが近接戦闘メインだったのはちょっと残念でした。まあ確かにMad Maxのキャラクターを考えたら銃撃戦主体になるはずも無く、映画の世界観を忠実にゲーム化するならこのゲームの造りが正しいとは思います。Mad Maxらしい雰囲気とオープンワールドの自由なゲームプレイを兼ね備えた良く出来たゲームでした。

mad_max_3.jpg

mad_max_2.jpg

mad_max_1.jpg

mad_max_4.jpg
 
関連記事

雑記: Destiny 2

destiny2_1.jpg

少し前に無料配布されたMMOFPS「Destiny 2」のストーリーをクリアしました。総プレイ時間は多分7~8時間ぐらいじゃないかと思います。12時間ぐらいでした。↓のサイトでプレイ時間を確認出来ます。

https://www.wastedondestiny.com/

ゲームの内容はオンライン専用のマルチプレイヤーFPSで、敵を倒したりクエスト完了の報酬などでキャラクターを強化していくというMMORPG形式のシステムとなっています。今回プレイしたメインストーリーは一応オンライン接続が必須ではあるんだけど、内容自体は一般的なシングルプレイFPSのキャンペーンとほとんど同じです。このメインストーリーの他に、あちこちでサブクエストが用意されていたり、サーバー上の他のプレイヤーと一緒に敵と戦う突発イベント、報酬目当てのチャレンジミッションなどが自由にプレイ出来るようになっています。また、ストーリーをある程度進めると数人のパーティー向けコンテンツや対人戦などがアンロックされて、ストーリー終盤~クリア後以降はその辺のCoopやPvPがメインのコンテンツになる感じです。

今回のプレイでは主にメインストーリーを中心に進めていて、あとはいくつかのサイドミッションと近くで見かけた突発イベントに何度か参加しています。メインストーリーは悪い宇宙人を倒すのが目的というシンプルな内容なんだけど、初見だとちょっと分かり難い用語や固有名詞が多用されるので、1作目を未プレイだと世界観を理解するのは難しかったです。まあでもこのゲームはMMORPGなのでストーリーはおまけのようなもので、クエストや敵との戦闘による報酬の入手とキャラクターの成長要素の方がメインになると思います。
敵との戦闘はかなりカジュアルな調整となっていて、体力は自動回復、殺意の感じられない敵の攻撃、各武器の扱いやすさとプレイヤーの能力の高さなど、難易度的には最後まで詰まるような場面も無くスムーズに進められています。この戦闘に関しては個人的にかなり好みの内容で、理不尽なAIにイラつかされる事も無いし、無駄に硬い敵もいなくてちゃんと狙えばほとんどの敵を瞬殺する事が出来ます。それもあって出現する敵の数が結構多いというのも個人的に楽しめた部分です。ストーリークリア後のコンテンツに関してはどうなってるのか分からないけど、メインストーリーをプレイする分には最後までかなり気持ちのいい良質なシューティングを楽しむ事が出来ました。ボリューム的にも十分な長さがあるので、シングルプレイのキャンペーン目当てでプレイしても満足出来るぐらいじゃないかと思います。

元々全く期待していなかったゲームで無料配布じゃなければまずプレイすることも無かったと思うんだけど、実際にプレイしてみたらかなり楽しくて最後まで一気にプレイしてしまいました。ストーリーモードの造りは他のオフラインのFPSで言うと「Wolfenstein(2009)」や「Rage」と似たような感じで、その辺と比べても見劣りしないぐらい楽しめる上に、更にクリア後のエンドコンテンツが大量に用意されていて、MMOという事で運営が続く限りは飽きるまでプレイし続けられるという盛りだくさんな内容です。まあ自分では以降のエンドコンテンツまで本格的にプレイするつもりは無いんだけど、まだしばらくは飽きるまでダラダラとプレイしていたいと思えるぐらい楽しめたゲームです。

destiny2_3.jpg

destiny2_2.jpg

destiny2_5.jpg

destiny2_6.jpg
 
関連記事

雑記: S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky

stalker_cs_6.jpg

stalker_cs_7.jpg

東欧(ウクライナ)産オープンワールドFPS「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」を難易度ノーマル(stalker)でクリアしました。

PC専用FPSの人気シリーズ「S.T.A.L.K.E.R.」の2作目になります。基本的なゲームプレイは1作目とほとんど同じで、舞台となるのも大半が前作と同じ放射能汚染で廃墟と化したチェルノブイリです。ストーリーは1作目よりも前の話(1年前)が描かれていて、この地域(Zone)で最近になって発生するようになった「エミッション」と呼ばれる現象の発生原因を探っていく事になります。
1作目との違いとしてはいくつかの派閥による勢力争いの要素が導入された事で、プレイヤーは任意の派閥に協力して対立勢力の拠点を奪いながら自軍勢力を拡大させていけるようになっていて、勢力の拡大が進むとトレーダーの取扱品がグレードアップするなどの恩恵が得られます。また、今作では武器やアーマーのアップグレード機能が搭載されていたり、アーティファクトの希少性が上がって検知機を使って探し出すようになったりと、上の派閥要素も含めてオープンワールドの探索が前作よりも意義のあるものになっています。

戦闘の難易度は前作と同様にかなり高くて、序盤の武器は素の状態だと精度が悪すぎて中々当たらないので出来るだけ早くアップグレードを進めていく必要があり、更に今作では敵がグレネードを投げてくるようになったので一か所に留まっての撃ち合いは出来なくなりました。ゲームバランス的には過酷な世界で生き延びるというゲームのテーマに合ったシビアな難易度と言えるんですが、実際にプレイした感想としてはさすがに敵の攻撃が正確過ぎるという印象が強いです。特にグレネードはダメージが高い上にかなりの遠距離から正確に投げくるし、インジケーターを見てから逃げてもまず無傷では逃げ切れないという凶悪な仕様なので何度もやり直す羽目になりました。グレネードが無くて通常の撃ち合いだけだったとしても難易度自体は十分高過ぎるぐらいなので、もっとグレネードの頻度を下げるかダメージ/範囲を下げる(敵側のみ)かした方が理不尽さは感じなかったんじゃないかと思います。

前作よりも更に難易度が上がって結構な死にゲーになったのは少し不満に感じましたが、ゲーム全体としてみたら前作の良い部分を残したまま純粋に進化も感じられる良いゲームだったと思います。ただ、前作もそうだったんだけどサブクエストが自動生成のような露骨なお使いばかりだったり、メインストーリーの大半が単にたらい回しにされている感が強かったというのは少し残念な部分です。まあでもそれらを差し引いても他のゲームには無い独自の魅力が多いシリーズで、熱狂的なファンが多くカルト的な人気が高いというのも納得の内容でした。

stalker_cs_1.jpg

stalker_cs_4.jpg

stalker_cs_2.jpg

stalker_cs_3.jpg

stalker_cs_5.jpg
 
関連記事

雑記: Risen 2 - Dark Waters

risen2_5.jpg

risen2_1.jpg

Risenシリーズの2作目「Risen 2 - Dark Waters」を難易度ノーマルでクリアしました。

ゲームの内容は1作目と同様にオープンワールドのアクションRPGです。主人公も前作と同じ人物で、前作終了後から数年後の世界を舞台にした新たな冒険が描かれます。
今作でもやはり戦闘の難易度が高いというのが一番の特徴となっていて、特に序盤の進行はキャラクターの強化が中々進められない上に装備品も最低限しか手に入らず、回復アイテムも不足しがちなので、1回戦闘するたびにベッドに戻って回復を繰り返すというかなりマゾいゲームプレイを強いられることになります。ただ全体的にみれば前作よりはいくらか難易度もマイルドになっていて、その理由としては戦闘中の回復アイテム使用時に回復モーションが無くなったというのが大きく、体力が減っても回復アイテムがある限りはすぐに回復出来るので大抵の敵は何とでも対処可能です。また、中盤辺りからは大半がコンパニオンと2人で行動するようになるので、普段の探索に関してはかなり気楽に進められるようになっています。

ゲームシステムは前作から色々と変更が加えられていて、キャラクターのスキル/ステータスが少し増えていて育成の幅が広がっていたり、それに関連して各クエストの攻略方法にもある程度の自由度が設けられていたりもします。他には戦闘時の操作性にもいくつか変更が加えられているんですが、これに関しては前作よりも劣化したという印象が強かったです。上に書いた回復モーションが無くなったというのもそうなんだけど、特に気になったのが前後左右の移動が常に進行方向を向くようになった事で、このせいで左右や後ろに移動してから敵を攻撃しようとすると移動先に向かって攻撃が出てしまいます。これは実際に操作すると本当にやり辛くて、意図しない誤爆が頻繁に発生するのでかなりストレスに感じました。

ゲームの造りとしては前作から大きな変化は無いんだけど、細かな変更点の大半が個人的には不満に感じてしまったので、ゲームとしてはあまり楽しめる内容ではありませんでした。全体的な造りは同時期にリリースされた「Witcher 2」に似ているんだけど、ほぼ全ての要素(ストーリー/キャラクター/クエスト/操作性など)が「Witcher 2」よりも大きく劣るという印象です。恐らくゲーム機でのリリースを強く意識して開発が進められた結果、カジュアル/コア向けどっち付かずの中途半端な内容になってしまったんじゃないかと思います。とりあえず次は続けて3作目をプレイするつもりでいたんだけど、この2作目がイマイチだったせいで大分モチベーションも下がってしまったので、3作目に関しては少し期間を開けてからプレイすることになりそうです。

risen2_3.jpg

risen2_2.jpg

risen2_6.jpg

risen2_4.jpg
 
関連記事
攻略記事
Serious Sam HD: FE
Serious Sam HD: SE
Zombie Shooter
Alien Shooter: Revisited
古いゲームの画質/操作性向上まとめ(Steam版)
Geneforge 1 Walkthrough
Betrayer Walkthrough
SpellForce 2: DS Walkthrough

gary2000

カテゴリ
TF2 (5)
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード